英国ゴールデンレトリバー ケインがゆく

日本盲導犬協会の繁殖犬ケインの日記です。

筑波山ちょこっとハイキング(後編)

さて、男体山山頂から御幸ケ原に戻り、今度は女体山を目指します。


IMGP3401th_.jpg


中間地点の茶店を過ぎて、しばらく行くと、ガマ石にたどり着きます。

カエルがお座りしているように見えますか?


IMGP3403th_.jpg


こちらもひと汗かく間もなく、頂上直下の階段に到着です。


IMGP3406th_.jpg


先ほどの階段を登りきると、狭い露岩の女体山山頂に到着です。標高877m。

関東平野を一望できる素晴らしい眺めだね〜♪


IMGP3408th_.jpg


大きな岩の積み重なった山頂なのですが、数組の登山者でもういっぱいって感じ。

移動にも気を遣わないと落っこちてしまいそう・・・ケイン、気をつけてよ〜


IMGP3413th_.jpg


実はこの時、ケインが一足先にピョンピョンと岩を伝わって頂上に登ってしまったのですが、はっと気がつくと、じゃぶじゃぶと水の音。

岩のくぼみの大きな水たまりの中にニコニコと立っているケインの姿があったのでした(笑)

あわてて引きずり出したので、写真がなかったのが残念〜


さてさて、女体山から再び御幸ケ原に舞い戻って、昭和レトロなお土産物屋さんで、筑波といえば…のガマの油を物色するパパさん(笑)


IMGP3414th_.jpg


パパさんによると、パッケージに書いてある成分内容を見ると、ワンコの肉球クリームにもいいんじゃないの?と言っていました。ケインだとなめちゃいそうだけど…笑


ベンチに腰掛けて、しばし休憩。ケインもつかの間のお昼寝に入りました。


IMGP3418th_.jpg


下りは13時20分発のケーブルカーに乗車。

この時ケインは、リュックを背負っていたせいか、盲導犬と間違えられ、駅員さんに『そのまま乗っていいですよ』と言われました。

盲導犬の父犬で繁殖犬であることをお話しして、登りと同じように、ケージに入って宮脇駅まで下りてきました。


IMGP3422th_.jpg


お借りしたケージは、切符売り場まで運びます。


IMGP3424th_.jpg



お世話になったケージを見送るケイン。ケインも入れる大きいケージがあってよかったね〜


IMGP3426th_.jpg


この後、私はすっかりまっすぐ帰るつもりでいたのですが、スマホで何やら検索し出すパパさん・・・

筑波山周辺にも何件かワンコ連れOKの素敵なカフェを見つけたようなのですが、あいにくどこも火曜日定休。

それでもあきらめの悪いパパさんは、筑波学園都市内にワンコOKのアメリカンバーガーカフェを発見。

同じ筑波といっても、筑波山と学園都市では車で30分ほども離れているのですが、おかまいなしにGO〜!(笑)


IMG_1078th_.jpg


お店の名前は『NON FURNITURE & CAFE』お店の外のパラソルの下ではワンコOKです。

ここのお店は、モダンファニチァーを扱っていたり、お隣はおしゃれな外車屋さんです。一番奥には真っ赤な跳ね馬の車が…。パパさんによると、新車で買ったら2800万円もするとか…まっとうに働いていては買えないゎ〜(笑)


IMG_1081th_.jpg


アボガドメキシカンバーガーと、アボガドとスモークサーモンサラダつきのフレンチトーストプレート。

これでも結構なボリュームですが、実は事前に予約すると、バーガーパテだけで2kg、総重量5.5kgの『BIG!つくバーガー』なるものが食べられるそうです!

さらには、ケインには食べさせられないけど、ワンコ用サンドイッチなどもあるので、ご興味のある方はどうぞ〜♪


IMGP3429th_.jpg


フレンチトーストが今まで食べたことがないほどトロトロふわふわで、甘みも強くなく、お食事とデザートの中間って感じで美味でした〜♪

今回は当日の朝、思いつきで行き先変更したのですが、なかなか充実したお出かけになりました(^^)


<おまけ>

家に帰ってからもう一度検索してみたのですが、今回行ったお店のそばにはワンコも店内OKな愛犬家に人気のお店『0298Humburger』もありました。これからの寒い季節には、ぜひこちらもどうぞ〜♪

筑波山のそばには(火曜日定休でしたが)『KHAN’s KITCHEN』(カーンズキッチン)こちらはワンコはテラス席でOK。イタリア人とインド人のハーフのオーナーシェフのお店です。パパさん、機会を改めてぜひ行ってみたい!と言っていました。
スポンサーサイト
[ 2014/10/15 22:13 ] 山歩き | TB(0) | CM(8)
山頂からの景色、本当に関東平野を一望ですねー
見晴らしが良くて最高の気分になれたんじゃないでしょうか。
もっとも、登る距離が短すぎて、物足りなかったかもしれませんが。

ケイン君、赤い跳ね馬と記念撮影はしなかったんでしょうか。
白い被毛が車体に映えて良い写真になったはず。
[ 2014/10/16 07:09 ] [ 編集 ]
イーリィの父さんへ
女体山からの眺めがこんなに素晴らしいとは知りませんでした〜
露岩の頂上付近は足がすくみそうなくらいです。
時間が許せば、ケーブルカーを使わずに登ってもよさそうですね。

ケインには赤い跳ね馬よりも、わが家の赤い軽カーがお似合いです(笑)
車好きのパパさんは興味津々で見ていましたが…
[ 2014/10/16 07:42 ] [ 編集 ]
すご~い!!楽しそうです。
女体山からの眺めは最高ですね。

そうですか。
盲導犬に間違えられましたか。
白いハーネスは着けていなかったのにね。

世間一般の人達って、盲導犬について知っていそうでも知らないですよね。
盲導犬を装った不届き者が堂々と犬をどこにでも連れて行くなんてことになると
結局ユーザーさんが迷惑を蒙りますね。

間違えられたのは、ケイン君のお行儀のよさもあったかもしれませんね。

イズモもスーパーの前のベンチで、私の足元におとなしく伏せていただけなのですが
「盲導犬なんですか?」と聞かれたことがあります。
わかります?未来の盲導犬(親バカ)なんですよ~!と思いましたけど
「違いますよ」と言いました。

ラブとかゴールデンの飼い主さんって、自分の犬が盲導犬だと思われることがあるのでしょうか?
ちょっと気になってしまいました。

紅葉もきれいになるし、ハイキングいいですね~。
[ 2014/10/16 09:29 ] [ 編集 ]
イズモママさんへ
この日は駅員さんの他にも、ハイキング中にすれ違ったご婦人が、連れの方に『あの子はお仕事中だから、触ったりしちゃいけないんだよ』と話しているのが聞こえてきました。
オレンジのリュックを背負っていたから、盲導犬のお仕事中のバッグに間違われたのかも。
車山の登山中にも、『災害救助犬ですか?』と聞かれたこともあります。
補助犬にはレトリーバー種が多いのは知られてきたのかもしれませんね。
ケインを連れてお出かけ中によく話しかけられるので、その度に『この子は盲導犬のパパ犬なんですよ〜』とお話ししてPRしています。
ケインと出会った人たちが少しでも盲導犬を始めとする補助犬に親しみを持ってもらえたらいいな〜と思ってます♪
[ 2014/10/16 10:00 ] [ 編集 ]
一人で先に登っちゃったんですか?ケインくんの事だから「お!水場があるぞ!」と判っていたのかもね(笑)しめしめと入った様子を想像して、楽しませてもらいました。
[ 2014/10/16 16:42 ] [ 編集 ]
さいちゃんへ
狭い岩場だったので、リードを長めにして、手にもってはいたんですけどね。
自分たちの足元に注意していて、下を向いていたら、ケインはさっさと登っちゃって、水の音に驚いて顔を上げたら、ケインは水たまりの中にすっくと立っていました…(笑)
おまけに口元から水が滴っていたので、水も飲んでしまったようです…
当日の朝降った新鮮な雨水だから大丈夫でしょう。たぶん(笑)
[ 2014/10/16 18:27 ] [ 編集 ]
ケインくんの満足気なニコニコお顔・・・
想像できるぅ(*^_^*)
こーいうときのお顔って、ホント人間の子どもと一緒だよねー♪
めっちゃ嬉しい表情の笑顔をくれるんだよね~(^^)

てか、パパさんはマメだしタフだし優しいなぁ\(^o^)/
[ 2014/10/19 15:56 ] [ 編集 ]
りっくありすさんへ
ケインは天真爛漫で無邪気なところが可愛いんですよ〜♡
ゴールデンはみんなそうかもしれないけど、表情豊かなところもいいですよね〜
水たまりに入って、エヘって言ってるみたいな笑顔がたまりませ〜ん(^^)

パパさんは休日には全力で遊び倒す人ですから、付き合うのも面白いけど体力勝負です(笑)
おかげで私もずいぶんタフになりました (*^_^*)
[ 2014/10/19 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する