英国ゴールデンレトリバー ケインがゆく

日本盲導犬協会の繁殖犬ケインの日記です。

ワンコと一緒に那須茶臼岳周遊(後編)

ロープウェイの頂上駅付近から茶臼岳の山腹を横切る道を20分ほど歩いて、雲の中から出てきました。

正面に見える稜線が牛ヶ首と呼ばれるところです。



IMGP2372.jpg




左手の斜面を見下ろすと、そこには見事な紅葉が広がっていました。



IMGP2367_201610131908579b5.jpg




紅葉を眺めながらひと登りすると



IMGP2381.jpg




牛ヶ首に到着です。



IMGP2383.jpg




ここから稜線の反対側、姥ヶ平へ130mほど下ります。



IMGP2387.jpg




色づいた木々の中に下ってきました。



IMGP2388.jpg




来た道を振り返ると、噴煙を上げる茶臼岳が。



IMGP2391.jpg




ちびっこたちにもケイン大人気♪



IMGP2392.jpg




10分ほどで、紅葉の中心部 姥ヶ平に着きました。



IMGP2399.jpg




姥ヶ平の一角にあるひょうたん池へ、木道を進みます。

狭い木道もケインは上手に歩きます。



IMGP2402.jpg





木々の向こうに水面が見えてきました。



IMGP2404.jpg




姥ヶ平の中に、ぽっかり開いた瞳のようなひょうたん池。

静かな水面に紅葉と茶臼岳が映って、最高の景色です。



IMGP2409.jpg




今までケインが見た紅葉の中では一番だと思うけど、ケインはどう思ってるかな?



IMGP2408.jpg




ここで泳いじゃいけないの?



IMGP2405.jpg





木道を戻って、振り返ってみたひょうたん池。



IMGP2412.jpg




再び姥ヶ平で一休みして、牛ヶ首へ登り返しました。



IMGP2415.jpg




牛ヶ首から盛んに噴煙を上げる無間地獄を経由して、今朝ほど休んだ硫黄鉱山跡へ向かうトラバース道を進みます。



IMGP2417.jpg




トラバース道から見下ろした姥ヶ平。名残惜しくて、何度も見てしまいます。



IMGP2420.jpg




激しく噴煙を上げる無間地獄。どうか噴火しませんように。。



IMGP2423.jpg




先ほどまでいたひょうたん池のアップ。



IMGP2427.jpg




硫黄鉱山跡への道は、ところどころ噴気孔があって、荒涼とした中を進みますが、視界が開けていて気分よく歩けます。



IMGP2430.jpg




峰の茶屋跡避難小屋まで戻ってきました。



IMGP2438.jpg




最後の下りを前に一休みのケイン。



IMGP2440.jpg




下り始めたら、再びガスの中。

クサリ場を通過して、テンポよく早足で駆け下りました。



IMGP2442.jpg




午後1時半に、峠の茶屋駐車場に戻ってきました。

4時間半よく歩いたね〜



IMG_3357.jpg




車に乗り込んでまったりのケイン♪



IMG_3359.jpg



たっぷり歩いた後は、温泉にGO〜‼️
スポンサーサイト
[ 2016/10/13 21:29 ] 山歩き | TB(0) | CM(6)

ワンコと一緒に那須茶臼岳周遊(前編)

昨日は山中湖に行ったばかりですが。。。
パパさんが『どうしてもきれいな紅葉を見たい‼️』とわがままを言うので、今日は3年ぶりに那須連邦の茶臼岳に行ってまいりました。



IMGP2289.jpg




9時過ぎに登山口の峠の茶屋駐車場(1462m)を出発して、峰の茶屋跡避難小屋をめざして登ります。

当初の予定では、前回登った茶臼岳頂上へ行かず、牛ヶ首を経由して紅葉のきれいな姥ヶ平を往復する予定でした。



IMGP2290.jpg




前回来た時は、ここらへんの階段の上りがきつく感じたものですが、今回は先週の天空回廊が効いているのか、それほど苦にならずにサクサク登れました。



IMGP2292.jpg




お天気もよさそうだし、今日は紅葉が期待できるかな。



IMGP2295.jpg




谷を隔てた朝日岳の山腹もきれいに赤く染まっています。



IMGP2299.jpg




クサリ場も難なくクリアして、登山客の方に声をかけてもらうケイン。



IMGP2308.jpg




峰の茶屋跡避難小屋までコースタイム50分のところ、40分で着きました。かなり快調♪



IMGP2313.jpg




避難小屋周辺は登山客がいっぱいだったので、少し登った先の硫黄鉱山跡で休憩しました。

こんなところでも誰でもウェルカムのケイン♪



IMGP2318.jpg




『よく登ってきたね〜』とみなさんに褒められて、ご機嫌です。



IMGP2322.jpg




那須連邦は強風が吹くことで有名ですが、今日は穏やかな冷たい風が吹いていて、山登りにはちょうどいい感じです。



IMGP2351.jpg




当初の予定では、ここから水平に山腹をトラバースして、牛ヶ首へ向かう予定だったのですが、案外疲れずに登れたので、茶臼岳頂上を経由してぐるっと周回コースをたどることに。



IMGP2324.jpg




前回と同様に頂上への道を進みます。空が広いね〜♪



IMGP2327.jpg




この後のガレ場も、ケインは他の方に声をかけてもらって、ぴょんぴょんと駆け上がり、あっという間に頂上の一角の火口の淵に。

さっきまでいた避難小屋が小さく見えるね。



IMGP2332.jpg




ここからぐるっと反時計回りにお鉢巡りをして、茶臼岳の頂上(1915m)へ。



IMGP2338.jpg





那須岳神社の祠の横で達成感に浸るケイン♪



IMGP2336.jpg




栃木県側からは雲がわいてきて、岩の上は天然の雲海テラスに。



IMGP2342.jpg




まだまだ先は長いので、休憩もそこそこにロープウェイ山頂駅方面へ下ります。

雲海が間近に迫ってきた〜。このまま雲の上に乗れそうだね。



IMGP2348.jpg




ロープウェイで登ってきた人は、ほとんどここを往復すると思うのですが、ザラザラの砂が多くて、歩きにくいんじゃないかと思います。



IMGP2352.jpg





ロープウェイ駅そばまで下りてきました。ここはすっかりガスの中。ここから牛ヶ首方面へトラバース道を進みます。



IMGP2354.jpg




ここでも、ロープウェイで登ってきた観光客の方にお腹を見せて大サービスのケイン♪



IMGP2356.jpg




黒い実を付けたガンコウラン(岩高蘭)の中に、白い実を付けたシラタマノキ(白玉の木)を見つけました。



IMGP2360.jpg




さらに進んで、再び雲の中から出てきました。

目の前の斜面に見えるこの景色は‼️



IMGP2363.jpg





ここからいよいよ素晴らしい紅葉の景色が続きます。



IMGP2367.jpg


核心部は次回へ続く♪
[ 2016/10/11 23:07 ] 山歩き | TB(0) | CM(2)

花咲く那須連山へ

先日のお休みの日、久々にお山に行ってきました。

今回向かったのは、3年半前にも登った那須連山三本槍岳

登山口から頂上までの間に咲いている、いろいろな花を眺めながら、のんびり歩いてみました。

うちから約2時間で、マウントジーンズスキー場の駐車場。



th_IMGP0688.jpg



こちらからゴンドラに乗ります。



IMGP0691.jpg



ゴンドラも、もうすっかり慣れたものです。



th_IMGP0695_20160525161711171.jpg



まず最初のお花は、ゴンドラの車中からも眺められる真っ白な花びらのゴヨウツツジ(シロヤシオツツジ)です。



th_IMGP0696.jpg



ゴンドラを降りると、周回できる遊歩道があって、林の中のあちこちにツツジの花が咲いています。



th_IMGP0699.jpg



ゴヨウツツジは漢字で書くと「五葉躑躅」。

その名の通り、枝の先に五枚の葉がついていて、敬宮愛子様の御印章としても有名ですね。



th_IMGP0701.jpg



この辺りはまだ木蔭も多く、さわやかな初夏の日差しの中を進みます。



th_IMGP0704.jpg



ツツジの中には樹齢300年を超えるものもあるそうです。



th_IMGP0707.jpg



遊歩道の途中で、可愛いラブの女の子にも会いました♪



th_IMGP0708_20160525161558376.jpg



樹林帯を抜ける前に、ちょっと休憩。



th_IMGP0716_20160525161509b4f.jpg



足下には、可憐なイワカガミが咲いていました。



th_IMG_2575.jpg



樹林帯を抜けると、この雄大な景色。前方右寄りが目指す三本槍岳方面です。



th_IMGP0719.jpg



次のお花は、アズマシャクナゲ。

つぼみの時は赤いのですが、花が開くとピンクから薄いピンクへと色が変わっていきます。



th_IMG_2577.jpg



開き具合で、色の違いが分かりますか?



th_IMG_2614.jpg



木蔭もなくなって、ワンコには少し暑い気温になってきましたが、水分補給しながらゆっくりのんびり進みます。



th_IMGP0722_20160525161434838.jpg



大きな岩の段差も、ぴょん!とジャンプして登ったり、



th_IMGP0723.jpg



暑い中でも雪渓を見て涼んだり(笑)、



th_IMGP0724_201605251614314ea.jpg



最後のお花は、タカネザクラ(ミネザクラ)。



IMG_2593.jpg




近くで見ると、こんな感じの可愛らしいお花です。



IMG_2587.jpg



尾根上のピークのスダレ山に到着。



IMGP0726_2016052919472439a.jpg




あと、もう少し。。。と思って、見上げたら、

まだこんなにあった。。。



th_IMGP0732.jpg



最後の登りもなんとか登りきって、三本槍岳の頂上に到着!!



th_IMGP0734_2016052516011274e.jpg



暑い中、よくここまでがんばったね〜!!

お水おかわり〜♪



IMG_2600.jpg



こちらは、2013年10月に登った茶臼岳



IMG_2603.jpg



いつものように、コンビニおにぎりで軽くお昼ご飯を済ませたら、ミネザクラに見送られて、来た道を戻りました。



IMGP0740.jpg
[ 2016/05/27 21:17 ] 山歩き | TB(0) | CM(6)

裏磐梯2日目(パノラマゴンドラ&登山)


朝食もしっかり食べて、さぁお山にまいりましょう〜♪

車に乗って向かったのは、宿から25分ほどのところにあるグランデコスキーリゾート。



IMGP7803th_3.jpg



あぁ、懐かし〜。
ここはケインがうちに来るまでは、毎年家族で春スキーをした思い出の場所なんです。
雪のないグランデコに来たのは初めてだゎ〜



IMGP7804th_3.jpg



ケインと一緒にパノラマゴンドラに乗り込みます♪



IMGP7811th_3.jpg



ゴンドラって、結構ガタガタ大きな音がしますが、ケインは平常心ですね〜笑



IMGP7813th_3.jpg



ちょうど落葉松が黄色く色付いてきれいです。



IMGP7815th_3.jpg



ゴンドラの山頂駅を下りたら、ここから登山の始まりです。



IMGP7822th_3.jpg



冬には圧雪してない上級者コースになる斜面をジグザグに登って行きます。



IMGP7824th_3.jpg



ゲレンデを登りきると、(ここまでおよそ30分)ぬかるみの多い樹林帯の中へ入って行きます。



IMGP7826th_3.jpg



足場が悪くて、思うところに足をつけないし、一歩一歩の段差が大きいので、なかなかペースがあがりません。

ケインの飾り毛がドロドロになってしまうし。。。

とにかくずっと展望がなく、同じようなぬかるんだ道なので、歩きにくくて、精神的にも疲れました。



IMGP7825th_3.jpg



そんな道を悪戦苦登すること1時間半、
やっと樹林帯を抜けて、展望が開けたと思ったら、すぐに吾妻連峰の西大巓(にしだいてん)(1981m)の頂上に着きました。



IMGP7827th_3.jpg



登りの苦労を忘れさせる爽快な展望♪



IMGP7830th_3.jpg



安達太良山(1700m)



IMGP7840th_3.jpg



磐梯山(1819m)



IMGP7843th_3.jpg



三角点制覇の図(笑)



IMGP7834th_3.jpg



ケインも大変な道をよくがんばって登ったね〜☆



IMGP7857th_3.jpg



しばし まったり休憩(笑)



IMGP7854th_3.jpg



1時少し前に下山を開始して、転ばないように、滑りやすい道を慎重に下って、2時半にゴンドラ山頂駅に戻ってきました。歩きに集中していたので、途中の写真はなし(笑)



山頂駅(1390m)にはカフェテリアの『Buna Buna』が併設されていて、外のデッキではわんこと一緒にお食事できます。



IMGP7861th_3.jpg



早速、天空の石釜ピザ『デコマルゲリータ』を注文。行動中は甘いパンをちょっとかじっただけだったので、チーズの塩気とたっぷりかかったオリーブオイルが空腹にしみわたる〜



IMGP7859th_3.jpg



しょっぱいものの後は、当然甘味(笑)

この地に湧く温泉を煮詰めて作った「山塩」を使った『会津山塩ソフトクリーム』

微妙に効いた塩味で非常にさっぱりとした風味です。



IMGP7864th_3.jpg



今回のコースは、ケインにとっては登りも下りもジャンプの連続、
さすがのケインもパパさんの足にあごを乗せてうたた寝。



IMGP7867th_3.jpg



写真がたくさんあるので、お宿に帰ってからは、また次回に続く♪

[ 2015/10/30 22:38 ] 山歩き | TB(0) | CM(10)

初秋の日光白根山(後編)


「頂上まで500m」の看板が見えてからが長くてきつかったです。

ザレ場の小石を踏みつけると、ずるっと下に滑るので、なかなか進まないんですよね。



IMGP6821th_3.jpg



スタート地のロープウェイ山頂駅が遠くに小さく見えています。

こんなに登ってきたんだな〜。ケインもがんばったね〜



IMGP6822th_3.jpg



やっとの思いで頂上付近までたどり着くと、先に到着していた高校生の男子のみなさんにたくさん可愛がってもらったケイン。



th_IMGP6824-1.jpg




お腹までみせてサービス中です♪



th_IMGP6827-1.jpg




頂上手前の小さな峰に祠(奥白根神社)があったので、ケインと参拝しました♪



IMGP6828th_3.jpg



更に岩場を登って、頂上へ。。。

頂上には女子高生の集団がいて、一緒に記念撮影にも応えていました(笑)



th_IMGP6831-1.jpg



日光白根山の頂上(2578m)に立つケイン☆



IMGP6838th_3.jpg



頂上にはたくさんの登山客のみなさんがいらっしゃったのですが、みなさん口々に

『すご〜い!よく登ってきたね〜』『ワンちゃん、かわいい〜♡』『写真撮ってもいいですか?』と大人気のケインでした。


頂上からは火口跡の五色沼が蒼く輝いて見えました。



IMGP6841th_3.jpg



お水を飲んで、休憩中。 ケインもよくがんばったね〜!(楽勝?)



IMGP6847th_3.jpg



さぁ、元来た道を引き返して下山しましょう。



IMGP6844th_3.jpg



先ほど登った頂上を振り返ると、こんな感じです。よくあそこまで登れたね〜



IMGP6845th_3.jpg



だんだん霧も濃くなってきました。あとはがんばって下りようね〜



IMGP6848th_3.jpg



で、この後は順調に下山するはずだったのですが。。。



パパさんとケインはトレイルランみたいに早足で下っていって、私も遅れながらついていっていたのですが、最後の方、疲れて足が思うように動いてないなぁ〜とは思っていたんです。

あっ!と思ったら、木の根っこに右足ひっかけたみたいで、派手に転びました。

しかも手が出なかったみたいで、思いっきり顔面まで地面に打ち付けました〜

うわ〜と思って、顔に手をやったら、ぽたぽた血出てるし〜(ガーン、ヤバい)

メガネ(この日はメガネかけてました)はすっとんで、曲がってるし〜

転んで顔傷つけるなんて、小学生以来か?

明日の朝、協会に行く用事あるのにどうしよう?

顔以外にも肩や膝も打撲して擦りむいてしまい、もうしょぼ〜んて感じでしたが、なんとか山頂駅まで下山しました。

顔を洗いに洗面所で恐る恐る鏡を見たら、傷ついてるものの思ったよりはひどい状況ではなかったので、ちょっとほっとしました。(もう顔ボロッボロかと思ったので…笑)

パパさんがレストランで氷をもらってきてくれたので、氷嚢で顔をしばらく冷やし、少し回復。


で、気を取り直して、山頂駅そばにある標高2000mの天空の足湯へ。。。(回復早いな、私)



IMGP6850th_3.jpg



これ、疲れた体にマジで気持ちいいですよ〜! 

私の傷ついた心も癒してくれました〜笑 

ありがとう『天空の足湯』



IMGP6851th_3.jpg



ケインもいい子で待ってます♪



IMGP6858th_3.jpg



この後、女性の登山客の方々に『一緒に写真撮らせてくださ〜い』と、天空の足湯の看板犬も務めたケインです。


足湯で癒された後は、ロープウェイで麓まで下りて、ちょっと休憩。

可哀想な私に、パパさんが美味しいものをかってきてくれました(笑)



IMGP6861th_3.jpg


高原牛乳にロングカレーパン、玉こんにゃくを食べて、ちょっぴり元気回復♪

この後、車の中で顔を冷やしながら、帰路についたのでした〜(笑)
[ 2015/09/17 00:08 ] 山歩き | TB(0) | CM(22)